Archive For 2015年10月30日

トロフィーを貰う時や渡す時を考えた選び方

トロフィーは努力の証

賞を取った時や勝利を得た時にだけ与えらえるトロフィーですが、そのトロフィーを渡された時に人はどんな感情を抱くのでしょうか。皆さんの中でも実際にトロフィーをもらったことがあるという方も多くいるのではないでしょうか。トロフィーが与えられたということは自分の力が認められたということになります。努力が報われたことを間違いなく確信できる瞬間でもあります。トロフィーをもらったことで自信も湧いてくることでしょう。

トロフィーを授与する時…

トロフィーをもらった人のこころは喜びに満ち溢れていますが、トロフィーを授与する者はどんな感情にひたるのでしょうか。捧げる側では「おめでとうございます」「感動をありがとう」などの言葉を添えることが良くあります。トロフィーの授与式では見るものにも感動や勇気を与えてくれたことへの感謝の気持ちも入っているのです。トロフィーというものは捧げる側と授与される側を感動で繋げる贈与品として考えてみてもよいでしょう。

どんなトロフィーがあるのか知ろう

世界大会で優勝すれば必ずといっても良いほどトロフィーが贈与されます。世界でひとつしかない栄光のトロフィーもあれば、子供やお年寄りでももらうことが出来るスモールトロフィーもあります。ブロンズトロフィーやチャンピオントロフィーなどトロフィーにも様々な種類があり豊富なデザインから選ぶことができます。大会や応募などを主催する側では参加者が欲しいと思うようなトロフィーを選んでおくことが大事でしょう。トロフィーを受け取ったものの喜びの表情を想像して選んでみても良いかもしれません。

トロフィーを作成する際は、イベントに合ったデザインにすることで、受賞者の満足度を上げることができます。野球のグラブやテニスのラケットなど、ユニークなデザインのものも多く販売されています。

自分で作れるの?LINEスタンプの作り方

LINEスタンプについて

LINEスタンプは、世界中で使われているLINE用のスタンプという画像で、非常に収益率が高いビッグビジネスです。売り上げ上位30位以内だと売り上げ1億円を超えると言われています。LINEスタンプはとてつもなく儲かるという記事をあちこちで見かけます。そんなに儲かるなら自分でも作ってみたいという人もいるでしょう。ただし、自分で簡単に作れるのかどうか、最初は不安です。でも大丈夫です。画像の編集さえ出来れば、作るのは簡単です。

LINEスタンプを自分で作る

LINEスタンプを自分で作る場合、まずはスタンプ用の画像を集めるところから始まります。このとき適当な画像をインターネットから持ってくるのはやめたほうがいいです。著作権の問題で罰せられることになりかねません。出来るだけ、自分で作った画像を使ってください。既存のキャラクターを使ってもいけません。あくまでもオリジナルの画像にしてください。とは言っても、難しく考えることはありません。集めた画像の編集は、無料のソフトがいくらでもありますから、これらを使って編集します。

LINEスタンプを業者に頼む

自分で画像を作ることに自信がないなら、業者に依頼してもいいです。イラストレーターに要望を伝えればやってもらえます。相場としては、イラストレーターによりますが、数万程度でやってくれる業者が多いです。インターネットで探してみるといいでしょう。売れれば、数万円なんて、すぐに回収できます。気に入った画像を作ってもらえるなら安いものです。インターネットで信頼できそうなイラストレーターを探して、依頼してみましょう。

自分の好きなLINEスタンプを作成して販売してみてはどうでしょうか。アイデア次第で大金を手にすることができるかもしれません。