賃貸住宅への入居の際に必要!連帯保証人について

連帯保証人とは何か?

賃貸住宅に入居するにあたっては、連帯保証人を立てなければならない物件がほとんどとなっています。これは、万一借主が家賃を滞納するなどのトラブルを起こした場合、責任を連帯して負うものです。親や兄弟など近しい家族になってもらうケースがほとんどですが、それが無理な場合は、保証人代行会社を利用する方法もあります。物件によっては、最初から指定された代行会社の利用が必須になっているケースもあるので、申し込み前によく調べておくことが大切です。

連帯保証人にも審査がある

連帯保証人は、誰でもなれるというわけではありません。いざという時は、借主に代わって家賃を支払うなどするため、一定の経済的な信用が必要となるわけです。そこで、入居審査の際に連帯保証人も審査の対象として、職業や収入などを調べられます。借主本人と同じように、職業、収入が安定しているほど認められる確率は高くなります。保証人が退職後の年金生活者や、血縁関係のない友人など第三者の場合は、信用が低いとみなされ、認められないケースも多いです。

保証人がいない人のための代行会社

家族関係の希薄化や高齢者の増加などで、連帯保証人を見つけることができない人も増えてきています。そうした場合、代わりに連帯保証人となってくれる代行会社を利用することができる場合もあります。保証料の支払いと一定の審査がありますが、保証人の成り手がいない人にとっては大変助かるサービスと言えますね。最近では、代行会社についてもらった方が安心できる、審査の手間が省けるなどの理由から、貸主側の方から借主に利用を指定しているケースも少なくありません。

賃貸管理システムは帳簿作成や空き部屋対策に賃料の徴収などを全自動でできますからオーナーの方は導入を検討しましょう。