誹謗中傷の対策方法は程度に応じた対策をするのが最適

誹謗中傷のケースについて

情報化がどんどん進みつつあり、誰もがネットで情報を発信できるようになった現代では良い情報ばかりではなく、悪意を持った情報を流す人も多くいます。そのような情報が個人を特定できないような状態で流されているのなら良いのですが、中には誹謗中傷や悪評などを流し個人や企業に対して損失を与えてしまう情報などが流れている場合もあります。その際には個人や企業の名誉を回復するために対策が必要となりますからケース別に対処しましょう。

SEO会社を活用して対策

誹謗中傷の情報はSEO会社に依頼して対処してもらう方法もあります。SEO会社に任せた場合個人や企業に対して悪意がある情報やネガティブな書き込みなどを見つけて、それのページを検索結果の後ろのページに行くように対策してくれます。SEO会社では莫大なSEOリンクをどんどん流してくれますので依頼してすぐに効果が現れることもあります。検索結果から除外する場合やサジェスト汚染を改善するならSEO対策をしている企業に任せましょう。

悪意のある情報なら弁護士に依頼

ネット上の書き込みの中でも特に悪意のあるものや、個人を特定して誹謗中傷しているケースでは弁護士に相談するのが一番です。弁護士に相談すると掲示板やウェブサイトの責任者にIP開示請求をし、そのIPから更にプロバイダに個人情報の開示請求をして法的手段にて書き込んだ人物を追求することができます。弁護士に任せた場合には弁護士費用がかかりますが後の裁判で勝訴した場合には弁護士費用を被告に払わせることが可能です。

2ちゃんねる削除を依頼する事はとても大切です。風評被害を避けるためにも削除を依頼する行為はとても大切です。