見落としているかも?!プライバシーを守る方法

ネットに写真を載せるとき

スマートフォンが普及し始めて、ブログやSNSなどを登録している人は多いのではないでしょうか?また、記事を投稿するときに、自分の写真も一緒に投稿する人もいますよね。じつは、その投稿した写真で、あなたのプライバシーが侵害されることがあります。写真を撮るとき、背景に気をつけていますか?例え、ピンボケしていても解析することは可能で、背景に写ってる建物や看板などで居場所が分かってしまいます。さらに、毎日、写真を投稿しているなら、その行動範囲から住んでいる場所まで分かってしまいます。背景にも気を付けるようにしましょう。

郵便物などの処分の仕方

郵便物や宅配便の伝票など、住所の書かれた紙の処分、どうしていますか?ぐしゃぐしゃに丸めたり、他のゴミに混ぜれば大丈夫と思う人も多いでしょう。しかし、プライバシーを守る方法としては不十分ですよね。ゴミを開封して、個人情報を入手する悪い人もいます。住所のところを黒く塗りつぶすという方法もありますが、一番簡単な方法は、細かくちぎってしまうことです。そのちぎった紙を別々のゴミに混ぜれば、さらに安全でしょう。

家に出入りする業者にもご用心

家電製品の故障などで、家に業者の人を入れることもありますよね。仕事をするために出入りしていますが、その立場を利用して、個人情報を盗む悪い人もいます。念のため、対策しておいた方がいいですよ。最低限、郵便物は見えるところに出しっぱなしはやめましょう。また、スケジュールの書かれたカレンダーも、その時は外しましょう。家を空ける日にちが分かると、空き巣に狙われるかもしれません。他にも、プライバシーを侵される危険性のあるものがある場合は違う場所に移動させておいた方がいいかもしれませんよ。

紙に読まれたくないことが書かれている場合シュレッダーに入れることで切り刻んでくれるので読まれる心配がありません。